眞子さまご結婚 眞子様の婚約発表で日本人に家柄意識が戻る傾向にありませんか

眞子さまご結婚。眞子様の婚約発表で、日本人に家柄意識が戻る傾向にありませんか?70年前の先祖が皇族だった今は皇族も一般人になりました。人間みな平等だからです。好きな人と結婚するだけなのに、家柄
ということがやたら言われる傾向が復活することに差別的なものを感じます。学校で、日本の天皇だろうと、皇族だろうと、イギリスなどの王族だろうと、基本的人権、平等の原理と、日本の立憲君主制皇族の身分、家柄には矛盾がある話はされました。結婚に小室さんの家柄は関係ありますか?好きだから結婚する。でよいではありませんか?何が問題なのですか?差別を助長する方々がこれ以上増えるなら、皇族を廃止し、共和制にした方がみな平等になります。皇族に身分があるからいけないのだと思います。>眞子様の婚約発表で、日本人に家柄意識が戻る傾向にありませんか?ありません。>70年前の先祖が皇族だった今は皇族も一般人になりました。人間みな平等だからです。違います。アメリカの強制によるものです。>学校で、日本の天皇だろうと、皇族だろうと、イギリスなどの王族だろうと、基本的人権、平等の原理と、日本の立憲君主制皇族の身分、家柄には矛盾がある話はされました。学校で間違いを教わったってだけ。ピューリタンの言う平等とは絶対的な神からみれば王でも庶民でも大差ない存在という意味での平等。月から日本を見たときに、日本に住んでる人々の個体差を感じず同じに見えるというのが欧米で広まった平等です。それを明治政府が日本に導入し、四民平等を実現した。絶対的な神の存在のない日本では天皇をそれの代用にした。天皇陛下の前では武士も農民も大差なく等しく陛下の赤子として最大限に尊重されるべきというのが日本の平等と人権。日本の様々な身分の人々がそれを受け入れ江戸期の階級社会から急速に変身した。日本では天皇の存在こそ、国民が平等や人権の要なのです。
眞子さまご結婚。FNN 秋篠宮さまは30日、53歳の誕生日 眞子さまのご結婚について、踏み込んだ表現でお考えを語られた 紀子さま 。 そして、もう一つ挙げるとするならば、日本人が学術や芸術、それからスポーツなど様々な分野で目覚ましい活躍をしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です