バイト欠勤で罰金 アルバイトの早退欠勤の罰金について 面接の時も規約書

バイト欠勤で罰金。アルバイトの早退、欠勤の罰金について。面接の時も規約書?にもその様なのとは一切言われていませんし書かれていませんが給料引きで明細書には罰金と名目で引かれています。色々
と検索したところ、1日分の給料より半分以下であれば規定がないのでいくらでもいいとありました。計算したところ、本当にギリギリで半分以下で引かれていました。その日の給料は3600円で引かれていたのが1700円弱。違う月にも早退罰金がありましたが給料が3600円で罰金は1100円程でした。遅刻罰金は1時間遅刻のこれも1100円ほど。私の時給は900円です。欠勤罰金も1100円程です。全ての早退、遅刻は体調不良の為お休みしたいと申し出たところ他に人が居ないので基本、私1人での勤務です少しでもいいから出てくれ遅れてもいいから出てくれと言われ出勤し、早退すると罰金。これは普通のことですか?そういう行為は不当労働行為で〔その企業は?〕処罰に値する.ってニュースでやってたでしょ!見ませんでしたか?こんな所で愚痴ってては悪徳企業の言いなりで思う壺ですから、少しは社会勉強して、対抗できる気持ちぐらいは持ちましょう。労働基準監督署に出向いてみましょう。ただし、遅刻や早退、欠勤で日給から時給金額が差し引かれる事は違法でも何でもなく、日給月給の非正規労働では当然のことです。
バイト欠勤で罰金。東京の事案は,女子高校生のアルバイト店員が風邪で2日間計10時間欠勤したということで,1か月で25時間 。 遅刻や早退を繰り返すとか無断欠勤など,勤務態度に問題がある場合には,懲戒処分としての「減給」を定めることが許される場合があります 。 そして,本来もらえるはずの給料が2万3000円程度25時間分であるところ,1万円近く10時間分「減給」されているので,減給の額についても違法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です