さまざまな運命をたどった徳川家康の息子たち バロマリンの奥さんと息子さんが現れましたバロマリンはウソ

さまざまな運命をたどった徳川家康の息子たち。バロマリンの奥さんと息子さんが現れました!
バロマリンはウソであることを証明するために、奥さんに誕生月、息子さんに大学名や学部を尋ねてます。
仮に答えがきたとして、それがウソだとどうやって証明するの?
バロマリンが?間違ってる!?と言ったところで、何の証明にもならない。
私と猫山さんが夫婦でない、間違ってる!と何度言っても一切認めないバロマリンが、自分の時だけ?間違ってる!?と言ったってね…笑
バロマリンからはBLされてるのでリク質できません…でも奴は私の質問に答えるわけでもないのに、言いたいことだけ吐き捨てていきます。
そんな人間が?間違ってる!?と言っても、それこそ信憑性ないですね。
私たちの夫婦説は?間違ってる?と言っても、認めないんだから、バロマリンの否定も皆さんに認められるわけない。自業自得です。
身から出た錆、仏罰です笑
諦めなさい!笑
やっぱ私をBLしてるくせに、バロマリンが必死に言い訳しにきました。
ますます怪しいですねえ。
あんたは曲解で俺が宣言したことにしてるけど、まあ100歩譲ってその主張を尊重するば、本人が妻です、息子ですと宣言してるんだから、確定なんでしょ!
自分で人に押し付けた自分の主張を、自分にはあてはまらないなんて、おかしいです。
それから、BLしておいて回答とか、マジで気持ち悪いんで。
単なる危ない奴、卑怯者です。
いよいよ追い込まれて、こんなことしかできなくなりましたね!いよいよ卑怯なことしないとどうしようもないんでしょう。
皆さんから非難の嵐…まあ、当然ですが。
まあ、彼の主張からいけば、本物の奥さんと息子さんが登場ということで、本人も文句言えないはずですよ。
いくら私たちが否定しても、夫婦だと言い続けてますから、バロマリンだって同じでしょ。
偽物とハッキリ証明しない限りは、彼の主張を尊重すると、本物の奥さんと息子さんということになります。
夫婦説が勘違いと認めるか、奥さんと息子さんが本物と認めるか…矛盾しないためには、この選択しかない。
めちゃくちゃな理論で、人を罵ったり、陥れようとした仏罰です笑
仏罰なんて信じてるから、こんなことになる笑
仏さまは慈悲のみ!
BLにして回答ですか?本人も否定してませんね。「精神勝利法」って昨日調べたけれど、人一倍プライドが高くて、ポジティブだけど、何もやってこなかった。しかし、ある時、革命党創価学会と出会いその威を借りて村人に高圧的に接するようになるけれど、という内容ですけれど、妙に生保君にダブりますね。中国では教科書にのって、前時代の封建制を批判していると言われていますね。もう、お年ですから、やり直しもきかない年齢。そう考えると自業自得と思わざる得ません。回答は、知恵袋での影響力を誇るようでは、もともと実生活で追い込まれているのです。最期は、せいぜい、成仏の相で亡くなりたいぐらいの願望しか抱けないでしょう。可哀想ですけどね。
あら、どうされましたの?宅の主人が迷惑をかけて申し訳ございません。息子のいうように、一途な性格なので誤解されやすいのよ。猫山さん?正直、宅の主人が入れ込んでるから好きではございませんが、あなたの奥さんでも違っても、私はどうでもいいからコメントでいないわ。ごめんなさいね。そうだ、貴方も私のように夫婦仲睦まじく、奥様と知恵袋にご参加されてはいかがですか?ここからは下の主人によ。こら、あなた、仕事着の洗濯は今日中になさい。BLにして回答するなんて、本部長になれないわよ。あんたは黙れ、俺は言う。それはだめよ。創価学会は対話を大事にする宗教なんですからね。
私がデタラメを書きました。申し訳ありませんごめんなさい。土下座しています。ごめんなさい。土下座しています。ごめんなさい。土下座しています。ごめんなさい。土下座しています。ごめんなさい。土下座しています。ごめんなさい。土下座しています。謝罪はしました。だからこの件でbaromarinを追及しないこと。私の誠意に免じて、baromarinをBAにして質問をしめ切って下さい。いいですね。
閲覧の皆さま。私はpeaceandhappy1972本人です。この度は、peaceandhappy1972と妻sssakurazakireiaが夫婦であることをbaromarin様に見抜かれて、隠しました。全てbaromarin様の仰ることが真実です。このカテで登場する自称baromarin様の奥様と息子様はアンチ創価のナリスマシです。この私どもの一連の陰謀は立正佼成会が卑怯な手口を使って、宗教界の王者の創価学会を貶めたと言われても良い訳できないものと認めます。大変申し訳ございませんでした。baromarin様と混乱された宗教カテの閲覧者の皆さま、創価学会様に謝罪します。敬具
さまざまな運命をたどった徳川家康の息子たち。家康が桶狭間の戦いの後に今川家から独立、三河愛知県東部国内の統一戦を
進める中で徳川家に戻ることができました。そのころの家康は尾張愛知県西部の織田
信長と同盟を結んでいたため、1567年には信長の娘である五徳を娶った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です