狭心症について 冠攣縮性狭心症と診断されステントを入れてありますがニコランジ

狭心症について。冠攣縮性狭心症と診断されステントを入れてありますがニコランジル錠5mg1日3錠?アイストール錠20㎎1日4錠 エフェエント錠3.75 1日1錠 タケルダ配合アスピリン錠 1日1錠クレストール錠
5㎎ 痛むときミオコールスプレー0.3㎎と二トロール錠5㎎ これって飲みすぎですか
訂正です。アイストールではなくてアイトロール錠20㎎でした。ステントは器質型狭心症と冠攣縮性狭心症が重なって一時的に血管をふさいで心臓の筋肉が一部ダメージを受けたため?再び塞ぐのを防ぐために入れました。不安定狭心症とも診断書に書いてありました。記載されている内容をみる限り、ステント留置術を受けてから時間的にしばらく経過した方で、体格もふっくらされているように思われ、期待している効果が得られないので服用量を増やして様子をみている状態ではないかと想像できますので、とくに薬の量を加減するようなケースではないように感じます。
狭心症について。狭心症とは、心臓に酸素や栄養を送っている冠動脈という血管が狭くなり、心臓が活動するために必要な血液が十分に供給されなくなることで起こる病気です。狭心症は原因や症状の出方によって、いくつかに分類されます。 労作性狭心症 動脈。 。 安定狭心症。 発作の起こる状況や発作が続く時間などが一定している狭心症です。労作性狭心症の多くを占めます。 。 冠攣縮性狭心症とはー原因?検査?治療について 。 ひとつの検査で診断することは難しいため、いくつかの検査を組み合わせて段階的に行っていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です